U-300

ハイエンドオーディオの世界では各々のオーディオコンポーネントそれぞれが別々の独立した箱として作られています。1つはフォノアンプで、別の箱はDAコンバーター、3つ目はプリアンプで、もう1つはパワーアンプといったように・・・

U-300の重要なコンセプトは、統一の象徴としている「U」が、最先端の機能と種々のコンポーネントを1つのコンパクトで高性能ユニットとして一体化させることでした。この新しいアンプは統一感の無いサイズの数々の箱や、さながら蛇のように床を這いまわるケーブルが増殖し続けるのを気にせずにハイエンドな性能をお楽しみいただけます。

U-300では、1つの箱に全てが収まっています。アンプのみならず、アナログライン入力3系統、真に優れたパフォーマンスを発揮するフォノRIAAセクションと、最高の24bit/192kHz DACが装備されています。
統一性である「U」を選んだ別の理由は、Aavik U-300は幾つもの受賞歴のあるRaidho AcousticsのスピーカーやAnsuz Acousticsの高性能ケーブルのデザイナーであるMichael Borresenと、優秀なアナログおよびデジタル技術の設計者達との共同プロジェクトだからです。Aavik U-300は超トップ級のプリメインアンプなのです!

U-300は北欧デザインの伝統であるシンプルさとモダンな仕上げを念頭において設計されています。

これは、ボタンを押してノブを回すだけで動作する方式と、直感的なユーザーインターフェースでお分かりいただけます。
また、U-300は機械的に高度なだけでなく、最も洗練された回路技術とアース接地で作られています。これらの技術はAavik U-300の再生能力を格段にリアルなレベルに押し上げるものです。

RIAAセクションは、ディスクリート型でGNDよりフローティングされたバランス型の超低ノイズバイポーラ入力回路をベースにしています。生来、カートリッジの可動コイルはフローティングしているバランス型信号ジェネレータです。フォノ段全体をGNDよりフローティングし、バランス型回路技術を維持しました。フローティング型の入力回路は超低ノイズでバイポーラトランジスタの使用を可能にします。幾つかのトランジスタペアを並列させることにより、真に静かな入力部を創り出しています。フォノ段のゲインは62dBで、カートリッジ負荷は50Ωから5kΩまで調整可能です。U-300のフォノ部はお手持ちのアルバムコレクションの素晴らしいディテールと音楽的奥行を探求する悦びをもたらします。

DACセクションは5系統のデジタル入力を、それぞれ最高のパフォーマンスでアナログ変換できるように設計されています。DACはいわゆる「デジタル」的な印象を一切排除し、「アナログ」本来の音を再現します。デジタル回路は高度な高周波数技術とで作られ、細心の注意を払ったPCB設計によって実現しています。信号のタイムアライメントはとても重要です。とても短い4層のPCBトレースによる信号経路の短縮により、音楽信号の損失を根絶するよう尽力しました。DACの回路は超低ジッターオンボードクロックが装着され、DA変換時のタイミングエラーを最小にしています。
Aavik U-300では全てのDAC回路は、各々が1つの信号ハンドリング段のみを供給する13箇所に及ぶ個別の低ノイズ、高PSSR電圧レギュレータをオンボードに搭載し、それらは個々に絶縁されています。

USB入力はガルバニック絶縁され、ホストからのノイズ汚染を防止します。5系統のデジタル入力からのデジタル信号はASRCへ転送、再サンプルされて200kHz/24bit PCMに再クロックされ、電流出力DACチップへ供給されます。
ヴァーチャルグラウンドの差動型浮遊トポロジーで電流電圧変換は実行されます。これは潜在的なグラウンドノイズとグラウンド変調に誘発される信号からの信号経路を絶縁させるものです。

ラインアンプ部は独自の逆転したヴァーチャルグラウンドアンプ技術を用い、深く、静かな漆黒の背景上に素晴らしい音楽ディテールを展開します。ライン段ゲインは0-6-12dBの間で調整可能です。3つの調整によりU-300アンプの全入力の個別レベルを調整する機会を提供します。
ボリュームは抵抗ラダー(R2R)回路により1dBステップで80段階の調整が可能です。

U-300のデザインは典型的な北欧のシンプルな機能とミニマリズムを感じさせる外観になっています。キャビネットはアルマイト処理されたアルミニウム製で、とても魅力的なマットブラック仕上げです。
フロントパネルに存在するその他のカラーとしては小型LEDライトで、現在のボリューム/ゲイン/ソース/カートリッジの設定を表示するものと、天板に位置する3つのシルバーボタンです。
U-300設定の調整は簡単です。全ての設定は3つのボタンと大きな回転ノブで実行します。

出力 2 x 300 W(8Ω時), 2 x 600 W(4Ω時)
歪み<0.005% (THD+N: 1-100 W / 8Ω)
IMD<0.0008%
TIM<0.002% (10W, 8Ω)
フォノ フローティングRCA入力端子  x 1系統
50Ωから5kΩまで17段階で調整可能な負荷インピーダンス(50, 75, 100, 200, 300, 400, 500, 600, 700, 800, 900, 1000, 1500, 2000, 3000, 4000, 5000Ω)
再生周波数帯域: ±0.15dB (20Hz - 20kHz)
ノイズ:< -100dB re ( 2V out)
歪み:< 0.01% (20Hz - 20kHz)
RIAA補正カーブ
ゲイン: 62 dB(カートリッジによりゲイン62 /68 /74 dBに設定)
入力感度:0.2 – 1.2mV
ライン RCAライン入力端子 x 3系統(Line 1, Line 2, Line 3)
3段階のゲイン調整( 0, 6, 12 dB)
入力インピーダンス: 10 kΩ
入力感度:0.5 – 3V
デジタル RCA同軸入力 x 2系統SPDIF (32–192 kHz / 24 bit)
TOSLINKオプティカル入力x 2系統(32–96 kHz / 24 bit)
完全に絶縁されたUSB入力 x 1系統(UAC 2) , 非同期(PCM 32–192 kHz / 24 bit)
2段階のゲイン調整(0,6 dB)
ボリューム調整 -100 dBから0 dBまでの80段階の1 dBステップで調整可能なボリューム
消費電力 待機モード時:約0.5W、アイドル時:30W未満
サイズ H100 x W440 x D370 mm
重量 16.5 kg
仕上げ マットブラック(アルミニウム・アルマイト加工)
付属品 リモコン、電源ケーブル
価格 ¥3,750,000/台(税別)

*仕様や価格は予告無く変更する場合があります